• ファリアー

第二十回 ゲーム業界 -活人研 KATSUNINKEN- 「100%の力を発揮するために……」

「100%の力を発揮するために……」

この連載も、対談などを含めて早くも20回になります。


いろいろなところで、読んでますよ、とお声がけいただいたり、率直なご意見をいただいたりと学びの多い経験をさせていただいています。誠にありがとうございます。


さて、今回は、プロアマ問わずの話になります。


新卒に限らず、ゲーム業界は技術やトレンドのうつりかわりも激しく、3、4年もすれば「今は昔」の状態になるということは、往々にして起きます。なので、今やっていることをプロとしてやりきることは当然のごとく大事ですが、そこを安住の地としてしまわず、新たな技術や知識を求めて、努力研鑽していかないといけない業界です。そして、それを目的もって、且つ楽しみながら継続できる人が、いきていけるのだと思います。


なので、新卒で「内定でました!」と報告をくれる学生さんにも、「おめでとう、嬉しいのはよくわかる。だからこそ、いったん、冷静になって考える必要があるよ。完璧な会社なんてないのだから」と伝えます。(少なくとも今よくても、5年後がどうか?は誰にも予測がつかないので)


なので、できれば、複数の会社から内定をもらうくらいに頑張って、良きところ、課題に感じるところを洗い出し、比較し、それらの会社にぶつけてみるというのが良いかと思います。もちろん、本命が受かったのならば、内定を承諾したほうが良いですけどね! ただ、その「本命に思っていた理由」がなんであるか? だけは振り返ったほうがいいです。


  • 昔からファンだった

  • 給料がいい

  • 面接で、お会いした方がすごく好感もてた

  • 成長できると感じた

などなど



続きは Social Game Info さんにて掲載いただいております。

0回の閲覧

© 2017 Farrier inc.