• ファリアー

第四十八回 ゲーム業界 -活人研 KATSUNINKEN- 「ゲーム業界に就職すること」

「ゲーム業界に就職すること」

前回は、少し生々しい話でしたが、お金について話しました。

身につまされることだったからか、多くの質問やご意見をいただきました。

◆あらためて、親御さんに感謝を!

私も、すぐにお金を出してあげる!ということは簡単にはできないので(でも、遠くない未来に、何か取り組みはしたいと思っています。賛同いただける方を募りたいと思っていますので、その時は、皆さま、よろしくお願いいたします)「なにかできることはないか?」を考えてみました。

前回のおさらいですが、東京のゲーム会社に就職して、親元離れると、

  • 家賃

  • 光熱費+水道代

  • 通信費

  • 食費

  • 税金(所得税、復興特別所得税、住民税など)

  • 保険、年金(実は、これが前回抜けていたので、総額、もう少しかかる)

を払ったうえで、毎月、奨学金という名前の借金を返済していかなくてはいけないわけです!

少なくとも、地方から親元離れて東京、大阪にでてくる学生さんと話す時は、

  • 通勤時間

  • 家賃

  • 住民税

の話をして、「生活するため」の知識のサポートもしよう!と動き出しました。

たとえば、家賃6万で…という例を前回しましたが、山手線内から出て、1時間弱で、乗り換え1回くらいで収まるところでも、探せば実は、家賃6万のところは、まずまず見つかることもわかりました!

もちろん、各種条件を欲張っていくと、どんどん収まらなくなりますけれど…

  • 築年数(新築? 10年以内? それ以上?)

  • マンション ?アパート? シェアハウス?

  • 最寄駅からの時間

  • 風呂トイレ(別? ユニットバス?)

  • 冷暖房完備

  • 宅配ロッカー有無

  • 2F以上

  • インターネット回線有無(料金も)

などなど

考えてあげていくときりがありません。

自身にとって本当に大事な条件をピックアップして、考えることでしょう…

女性であれば、セキュリティ面は大切な条件になると思いますし…

そして、実家から通えて、奨学金で就学しなくとも親御さんが全額負担してもらえた皆さん!決して、それは、当たり前のことではないので、親御さんに感謝だと思います。


私も、学生時代は「そんなの親の義務だ」くらいに思ってましたが、ここ何年かでいろいろなデータ見たり、状況がわかってくると、全然当たり前のことではないことを両親がしてくれていたんだ、ということがわかるようになり、改めて感謝の気持ちを大きくしています。


そして、具体的に感謝を口にして行動できるようになりました。40歳過ぎてようやくというのもどうかと思いますが…(苦笑)


でも、だからこそ、この連載を読んでいただいている学生さんの中に当てはまる方がいらっしゃると思いますので、今から感謝を言葉にしていきましょう!



続きは Social Game Info さんにて掲載いただいております。

1回の閲覧

© 2017 Farrier inc.